作業内容:浸種(しんしゅ)

リソウの無農薬栽培米は苗や稲穂になる前の、種にもたっぷりの水と一緒に「コメ発酵生命体®」を吸収させています。

そうすることで幼い根が種の皮を勢いよく破って出てきますし、健康で丈夫な苗に成長するからです。

栄養と酸素を取り入れようとする種の活動はとても活発的で、しっかりと水で浸さないと半日で種袋の頭が顔を出してしまうほどです。

種が酸欠にならないよう毎日水を取り替え、水温にも気をつけながら発芽に必要なだけの水を吸わせてあげます。